〒905-0216 沖縄県国頭郡本部町字浜元410
もとぶ元気村

  • 修学旅行
  • プログラムスケジュール
  • ご予約方法
  • Twitter
  • Twitter
  • Blog
  • お問い合わせ
  • Q&A
  • アクセス
  • アクセスマップ

×

修学旅行x
安全対策
プログラム一覧
マリンスポーツ
ドルフィン
カルチャー
元気ランチ
Q&A
電子パンフレット

School Trip 修学旅行

もとぶ元気村の2つのポイント

屋内外の豊富なメニュー沖縄やんばるの豊かな自然と文化にふれ、“健やかな心と身体”を育んでほしい 豊かな大自然を舞台に、そして海の生物たちや伝統文化をテーマに。
もとぶ元気村では、一人ひとりの個性や目的に合わせた、充実のプログラムを用意しています。 全身を使った体験メニューで、五感を刺激し、君自身の健やかなチカラを身につけよう!

マリンスポーツ

マリンスポーツを通し自然の中で、
仲間と協力し合い、協調性を身につける。カヌー、
サバニ(沖縄の伝統的な漁船)、ヨット、
バナナボートなど・・・
みんなで力を合わせてチャレンジ。
仲間たちのあふれる笑顔、
心地よい達成感が待っている!

ドルフィンプログラム

海洋生物とのふれあいから、
生命の起源を感じ、自然環境を学ぶ。
イルカと握手をしたり、
ナマコやヒトデにふれることで、
海洋生物の生態を学び、感じることができる。
本物にふれることで、
かけがえのない生物たちの存在、
その尊さを体感しよう。

文化体験

地域の伝統や歴史が息づく、沖縄の文化を体感し、
その魅力と楽しさに触れる。
陶芸や伝統工芸制作、三線教室など・・・
多彩なメニューにチャレンジ!
地元の人々と交流し沖縄文化の歴史を知り、
自分だけのオリジナルの作品を作り上げよう。

悪天候でもマリンスポーツ、
ドルフィンプログラムの催行率が95%以上

もとぶ元気村は、沖合200m先に防波堤が設置されています。
またカヌーなどのプログラムが行われる
内水面が港としてできていることから、
他の施設に比べて波や風の影響を受けにくい構造となっています。
状況により強風や無風によるヨットプログラムの中止、
荒天によるクルージングの欠航などはありますが、
すべてのプログラムが中止になったことは、
2004年の「もとぶ元気村」オープン以来
今日まで台風時を除いて一度もありません。

30年以上の実績!もとぶ元気村は、本部町B&G海洋センター開業(1976年)時から、
延べ60万人以上(個人団体含む)の方にマリンスポーツの指導を行ってきました。

  • 元気村指導員各種目ごとに適正数(種目・実施人数により異なる)の指導員を配置するとともに、救命艇(救助員)、総合監視員を配置し万全の体制をとり実施します。
  • 安全備品ライフジャケット(救命胴衣)の着用※ライフジャケットは浮力(100kg前後)を得るだけでなく、ケガの防止、防寒対策の効果もあり、体験中は常時着用を義務付けております。
  • 安全確認当方のスタッフが安全確認を行う事は当然ですが、さらに体験者同士2人を1組とし、単独行動を防止するとともにお互いを監視しあい、助け合うことを目的とする「バディシステム」を用います。
●緊急連絡機関と最寄りの病院
本部警察署 (車で約7分)
〒905-0212 本部町字大浜850-1 TEL.0980-47-4110

本部町・今帰仁村消防組合消防署 (車で約7分)
〒905-0212 本部町字大浜850-3 TEL.0980-47-7119

もとぶ野毛病院 (車で約7分)
〒905-0212 本部町大浜880-1 TEL.0980-47-3001

山田クリニック (車で約7分)
〒905-0212 本部町大浜874-15 TEL.0980-47-6660
県立北部病院 (車で約25分)
〒905-0017 名護市大中2丁目12-3 TEL.0980-52-2719

北部地区医師会病院 (車で約20分)
〒905-0006 名護市宇茂佐1712-3 TEL.0980-54-1111

北部福祉保健所(車で約25分)
〒905-0012 名護市大中2丁目13-1 TEL.0980-52-2714

第十一管区海上保安本部名護海上保安署
〒905-0011 沖縄県名護市字宮里452-3 TEL.0980-53-0118